なぜユーファイを受けた方がいいの?

タイや近隣の東南アジアでは炭火の上に竹で編んだベッドを置いてその上で産後一か月程度過ごし、食事等生活全般に渡るお母さんの為のケアが伝統的に行われてきました。

タイではこの時期をいかに過ごすかによって産後の肥立ちはもちろん、後の更年期の心身の状態が変わってくるとされています。

日本でも「床上げ三週間」「水に触れるな」という言葉があったり、囲炉裏の火を絶やさずその傍に居続けるといったことを行っていた地域もあります。

実際に産後6週~8週目までの期間は「産褥期」と言われ、出産の為に緩んだ骨盤や腱が徐々に元の状態に戻りつつ固定されていく時期です。

この時期に無理をすれば骨盤が緩んだまま固定され、体のバランスが崩れることによって心身に悪影響が出てきます。

逆に体の緩んでいるこの時期に適切に体のケアを行えば、妊娠前よりも健康な体を手に入れることも可能です。

産後は以後の女性の健康と美を左右する大事な時期であり、また子育て、パートナーとの関係を構築する上でも重要な時期です。

タイでは妻にユーファイを受けさせることは「男の甲斐性」と言われています。

ユーファイは「頑張った妻へのご褒美」といった一時的なケアではなく、産後に女性の心と体のケアをすることは産後以降の心身の健康を整えます。

女性が健康であることは子育てや家事、パートナーとの関係に継続的に良い影響を与えます。

ですからユーファイはパートナーや子供、家族みんなにとっても大事なことといえるとTERRAでは考えています。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>